SYMBIOSIS BLOG

内臓温度を高める方法

とても内臓が大切なのでお伝えしてる内臓シリーズですがまだまだ続きます

コンディショニングトレーナーの鎌倉です

内臓温度が低いと血流が悪くなり冷え性や自律神経の乱れにもつながってきます

ってことは内臓が温まると自律神経の安定や冷え性の改善につながっていきます

温める方法として

まず運動と言いたいところですがまずお白湯で内臓を温めてから

運動を行った方が効果的です

お白湯でプラス生姜湯でもいいと思います

今一番おすすめしたい体を温めてくれる香辛料は

ヒハツ

ヒハツは内臓を温めてくれたりTie2という酵素の働きをよくしてくれます

あまり聞きなれないヒハツTie2(タイツー)

の話は次回お伝えしていきます

コメントをのこす

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA